MOMI HOUSE
★もみじ一家で起こった出来事★



S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


Profile

New Entries

Category

Archives

Links

Mobile
qrcode

Others
ADMIN



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.02.13 Sunday | - |
- | - |

お食い初め

生後100日目、
お食い初めをしましたー( ´ ▽ ` )ノ

献立は、
尾頭付き鯛の塩焼き
蛤のお吸い物
筑前煮
しめ鯖の紅白なます



魚丸々一匹を調理したのって初めて☆


3ヶ月に入った頃から
自我の芽生えを
非常に感じるようになりました。
首もほぼ座って、
抱っこも楽になってきて、
ギャン泣きするし、
よく笑うし、
反抗もするし、
お喋りもする。
ぼーっとしてたふにゃふにゃの赤ちゃんが。
人間て短期間でこんなにも成長できるんやなーって
すごい感慨深い!


100日おめでとう。

2011.02.13 Sunday | 子ども |
- | - |

娘の誕生〜旦那編〜

11月3日、昼前に東京を出て中央道に乗る。
明日はいよいよ出産日。

10月始めに妻が里帰りして、
この1ヶ月間は全部一人でやらないといけなく、
とても大変だった。
改めて家事をやってくれている妻のありがたさを知る。

途中、養老SAで我が家の恒例行事である
飛騨牛カレーパンを食べ、
19時に無事妻の実家に到着。
1ヶ月ぶりにあった妻のお腹は
それはそれはとても大きく、想像以上だった。

明日の今頃はもう娘は外に出てるのか
と思うと何か不思議な気分。
実感はまだ全然ない。

やっと授かった命、
初めてなので順調だったのか
波乱万丈だったのかわからないけど、
過ぎてみればあっという間だった。

僕の遺伝子を受け継いでいるせいで大きい子らしく、
骨盤を通らないとの事で予定帝王切開となった。
出産の日にちが決まっていたのはありがたい。

妻は自然分娩が良かったみたいだけど、
自然分娩って時間かかるし苦しいし痛いし
帝王切開の方がいいんじゃないのかなと
実は思っていた。
しかし術後に後遺症を知ることになる・・・。


4日、午前中に病院に行き入院。
元々の予定は16時〜17時と聞いていたので、
まだしばらくあるなーと思いながら
昼ごはんを買いに近くの弁当屋にいっていると、
「14時〜15時で切開するって」とメールが。

焦る。時間は13時近い。

さっさと帰って、弁当食べ、
緊張するわけじゃなく、ソワソワするわけでもなく、
何の心境の変化もないまま時間は過ぎる。

多分、男はそもそも妊娠しないから感じにくいのはあると思うが、
自然分娩だと陣痛とかがあるので、
その間隔に沿ってそろそろっていうのが
徐々にわかってくるはず。
うちの場合は
妻自身特に何の変化も無く、
今から本当に出産か?というような雰囲気。

二人とも逆にこの落ち着いた感じでいいんやろかと
ソワソワしている感じだった。


そして14時半すぎに助産師さんが来て、ついに手術室へ。
僕はしばらく外で待ち、
新生児室で昨日産まれた子を見ながら待つ。
しばらくすると、その子のおばあちゃんらしき人が来て、
嬉しそうな顔をしているのを見て、
早く会いたいな〜とワクワク。

20分くらい待って中に呼ばれ入ると、
ほぼ手術の準備が完了していた。
そして帝王切開が開始されました。

やってる事はテレビ見るような手術と一緒で、
これはビデオで撮っても誰も見ないだろうという事で、
撮らなかった。

妻は、痛くはないだろうが、違和感があるんだろう。
手を強く握っていた。

麻酔が効いてきたのか少しボーッとしている。

しかし出てくるのが早かった。
心の準備とかも無く、
開始から15分くらいで娘が出てきた。

出てきた瞬間泣きそうになった。
でも妻には全然見えないし、
一人で泣くのもなんか悪いなと思ったらすぐ収まってしまった・・・(笑)

娘は出てきてからすぐに産声をあげ、問題なさそう。

声を聞いて安心したのか、妻も泣きそうになっていた。
相変わらずボーッとしていたけど。

体を拭いてもらったりしてる間に、
妻の方は胎盤を出したり、縫ったり。
僕は娘が拭かれてる様子をビデオで撮影。

拭かれた娘は妻と対面、
この時の妻の顔が既にお母さんになっていて、
すごいなーと思った。

僕は産まれてきた実感はあるものの、
なんだかよくわからない間に出てきたという感じ。

でも、事前に知り合いから聞いてた
「生まれたてはかわいくない」なんていうのは無く、
めちゃくちゃかわいい。
どっちに似てるのか全然わからないけど、
とにかくかわいいの一言。


あっという間の出産でしたが
とにかく女性は大変だなと思った。

うちは何年も不妊治療してきたし、
ぶつかりあったりもした。
僕は途中から子どもができなくても
夫婦2人ともみじで楽しく暮らせればいいと思い、
それは伝えていた。
きっと僕が子ども好きでずっと欲しかった事を伝えていて、
プレッシャーも感じてたんだと思ったから。

でもできないものに悩んでもしょうがなかった。
やる事はやってたし、妻は色々頑張って我慢もしてたし。

何より辛そうな妻を見ているのが嫌だった。
笑っている顔が好きだから。

なかなか妊娠できない時は不安でたまらなかっただろうし、
不妊治療しても全然成果が出ない時はイライラしただろうし、
自分のことも責めただろうし、
妊娠してからはできるだけ体に負荷かけないように気を付けないといけないし、
ちょっと何かあるとすぐ心配するし、
実家帰ったら帰ったで義理父と仲よくないみたいで、
今度はこっちが心配するし、
出産の時も男は何もしないし、できないし、
手握るくらいだったし。


でも、それでも全ての苦労が
娘が産まれてくれたおかげでいい思い出になったと思う。

苦労してできた分、子どもへの愛情も強い。
産まれてからの日記を毎日つけている。

娘が結婚する時にあげたいなーって思いながら。

もう先のことまで考えてる、あるPVを見たおかげで、
誰かのもとに嫁ぐとき、
「ありがとう」って言ってもらえるように頑張ろうって思った。

そんな決意をした出産日でした。

2010.12.10 Friday | 子ども |
- | - |

娘の誕生

2010年11月4日15時39分
体重3240g 身長52cmの女の子が
元気に産声をあげました


2010年10月7日の事。
里帰り先の病院を受診した時、
赤ちゃんの推定体重はかなり大きいし
私の骨盤は小さいしで、
「これはきっと帝王切開になるなぁ」
と先生。

「せっかく逆子直ったのにー?!
ってのが最初の正直な想い。
けど帝王切開は母体に負担はかかるものの
赤ちゃんをそっと取り出す事から、
自然分娩よりも赤ちゃんにとって
安全だという事を教えてもらった。

その後骨盤のレントゲンを撮り
案の定「児頭骨盤不適合」と診断され
手術なんて経験した事ない私には
切腹するという事が恐怖で恐怖で

でも体外受精でようやく授かった
待望の我が子を無事に産む事が
今の私にできる事。
その想いに迷いはなかった。

そして38週6日の11月4日に
予定帝王切開をする事を決断したのです。


出産当日。
ぐっすり寝て、
朝ご飯ばくばく食べて、
術後はしばらくお風呂に入れないので
念入りにシャワー浴びて、
「やっぱテレビは関西がおもしろいなー」
なんて、立ち会いの為に来てくれた旦那と
ヘラヘラ話しながら
我が子に会う自覚がないまま過ごした。


午前11時、
これまた二人とも自覚ないまま
病院に向かう。

内診をしたら我が子はまだまだ
上の方にいるとの事。
しかも骨盤にも頭がはまっていない状態で、
この時既に推定体重3500gを越えていたので
自然分娩を待っていたら
どうなってたんやろーってちょっとドキドキした。

NST、検温、血圧測定、剃毛をすませ、
旦那が昼食を買いに行っている間に
入院部屋の片付けをした。
なんとなく手持ちぶさたで
無駄に部屋をウロウロ(笑)
楽しみな気持ちと
漠然とした未知の恐怖に挟まれて、
これから自分に何が起こるのかわからなくなり、
この待ち時間のまま時が止まって欲しい気がした。


午後3時、
「じゃぁ行きましょうかぁ」と
えらい明るい助産師さん
この時に「もう腹くくるしかない!」
と、ようやく思う。
腹くくれてなかたんや、私。とも思う。笑

手術台に上ってからは、
あれよあれよという間に準備が進み
お腹や背中を消毒された。
三角座りの状態で横向きにされて、
たくさんの助産師さんに押さえ込まれる。
一人の助産師さんは私の手を握ってくる。
噂の脊椎麻酔…
これめっちゃ痛いって聞いてて、
しかも助産師さんの押さえ込みが半端なく、
まず切腹よりも、この注射にかなりびびった。

の割りに、我慢できる痛みで、
でも助産師さん達に
仰け反らなかった事を褒められ、
たまたま痛点外れてくれたんかな…
とホッと胸をなで下ろした。

すると徐々に足が痺れたような感覚になっていく。


ここでずっと外で待っていた旦那が登場w

手術着の上にカメラとビデオを持ってる
なんともアンバランスな旦那を見て笑い、
少し癒された所で
手術開始。

旦那が実況してくれてる中、
痛みを全く感じず、
内臓をひっぱられるような違和感を感じながら
全くビデオを回そうとしない旦那に
「録画せーへんの?」
って聞いたら、
「やっぱ、やめた方がいいと思う…w
 生まれてから撮ろうか」って。
そっか。うん、
まぁそらやっぱグロイよね。笑


しばらくして、
羊水が出る音。
「頭見えたよ!」と先生の声。
「手つっこんでるわ、すげー」と旦那。
助産師さん達がお腹の上に乗って
ぐいぐい押してるのに痛くない変な感じ。

全部が蚊帳の外の出来事のようで
一人置いてきぼり感が否めなかった(笑)


しばらくすると
「おぎゃーーーー!」
とどこぞやの赤ちゃんの泣き声が。

まさか、お腹の子?!うちの子?!
と泣き声聞いた瞬間

「ようやく会えた…
ちゃんと生まれてきてくれたんや
私の赤ちゃん。。」

気持ちは一気に蚊帳の中に入り
涙が出てきた。


でも肝心の赤ちゃんは見えない(笑)


体をきれいにしてもらってる間に
私の後処置。
胎盤を取ったり、子宮内を掃除してる時に
胸のあたりがすごく気持ち悪く
息苦しくなった。

そこへ助産師さんがようやく
「元気な女の子やで〜」
と目の前に我が子を連れて来てくれた。


赤ちゃん、泣いてる。
この子が私の娘なんや。
大きいって言われてたけど
ふにゃふにゃでめっちゃ小さいやん


娘を見たら苦しさも遠のく不思議。



縫合やホチキスが済んで
無事に手術も終わり、
部屋に戻ってからも麻酔の影響か
夢と現実を行ったり来たりしていた。


どれくらい経ったのか、
先生が娘をベッドの横に連れてきてくれた。
めっちゃ可愛い。
こんな愛おしい存在がこの世の中にあったんやって
この子に会うために私はきっと生まれてきたんやって
思った。


妊娠前、妊娠中、
いろんな事があったけど
私、頑張ってきて良かった。
諦めないで良かった。
こんな幸せな気持ちをくれて

娘に、旦那に、モミに、
心からありがとう

2010.11.04 Thursday | 子ども |
- | - |

: 1/1 :